自分が知らない介護・福祉の仕事

高齢者社会を支える介護と福祉

日本では現在の少子化の影響と、平均寿命が延びた影響で、世界一の高齢化社会となっています。2050年には国民の3人に1人が65歳以上の高齢者になることが予想されています。そのため、高齢者に対した社会保障サービスがとても重要です。

高齢者に対するホームヘルパーサービスや福祉施設の利用などは、介護を社会全体で支えるとともに、安心した介護サービスを受けることができるように作られた「介護保険制度」のもと実施されています。

介護保険制度の一つのホームヘルパーサービスがあります。ホームヘルパーサービスとは、いわゆる訪問介護のことを指します。訪問介護は、介護や家事の手助けが必要になった高齢者のお宅にホームヘルパーさんが訪問し、身体介護や生活援助をしたりします。

在宅での介護が困難な方は、介護老人福祉施設や介護老人保健施設を利用することができます。

今あなたがこのサイトを見ている時に若くても、これから介護保険を利用するときがやってきます。その時のために、今のうちからどういうサービスが利用できるのが学んでおいても悪くないと思います。

ページの先頭へ戻る